├ メディカルフード (ブレインフード)

脳の健康が身体と心の健康を守るブレインフードとは?①

私たちの身体は
脳からの指令を受けることにより機能しています。


脳が正常に機能すれば

身体も正常に機能し、健康を維持することができます。


脳が正常に機能しなければ

身体も正常に機能することができず

健康を維持できなくなり病気などを発症したりします。


脳の健康を守ることは
身体の健康、心の健康を守ることなのです。


​​

 

近年、食事が脳の健康に影響を与えていることがわかり、ブレインフードという言葉がでてきました。



ブレインフードとは、脳の健康を守るために良いとされる栄養素を含む食品のことを言います。



脳と食の関係をテーマの科学的研究がどんどん増えており

新しい健康法として世界的に注目が集まっています。

ブレインフードという機能性食品の開発研究も増えています。



ブレインフードは一般的に「頭が良くなる食べ物」と言われている食材をイメージすると分かりやすいと思います。

*魚
*カカオ
*くるみ
*鶏肉
*大豆
*緑黄色野菜

この他にも脳の機能を高める様々な食材があります。


ただ

ブレインフードという食材を取り入れるのも

脳の健康につながりすばらしいことですが

栄養素の組み合わせがうまくできていないと

ブレインフードをとっても脳まで届くとは限らないのです。



ブレインフードの栄養素のバランスをうまく組み合わせることがとても重要になります。

栄養素のバランスがうまくとれて初めて

ブレインフードの栄養が脳にすばらしい効果を与え

脳の健康を維持し、機能を高め

生き生きとした毎日を送ることができます。



その栄養素のバランスを研究し

科学的に証明されたメディカルフードがあり

それらは最新技術を用いたブレインフードとして注目されています。



緻密な研究結果と最先端技術により

様々なブレインフードの栄養素をバランス良く組み合わせ

脳に確実に栄養素が届けることが可能になりました。



メディカルフードとは

食品の栄養素のみを組み合わせて作られたものであり

医療レベルで身体の調子を整えてくれます。


病気の治癒・軽減・予防を目的として開発され

アメリカでは医師が処方をしている機能食品です。


100%安心な自然食品で作られているため、副作用がなく安心です。



あくまでも

安全な食品の栄養成分の組み合わせで

脳の機能を高めることにこだわっています。




身体を正常に機能させるのに

脳で作られる神経伝達物質というものがあります。



神経伝達物資は

ドーパミン
セロトニン
ノルアドレナリン
アドレナリン
アセチルコリンなど


脳で作られ身体に指令を送るために重要な物質です。



日本初で

ブレインフードの役割を持ったメディカルフードを取り扱う

オプティライフショップの商品は

これらの神経伝達物質の増産をサポートし

脳の機能、身体の機能を回復するサポートを行うものです。




関東地方の病院用雑誌「TVホスピタル」で取り上げられるなど、安心安全で健康を導く最新技術として注目されています。

最高の技術を備えたメディカルフードで健康を取り戻す方、健康を維持するかたが増えています。



〜オプティライフショップの扱うメディカルフード情報〜

バイタルプラス
・デトックスをはじめ日中の自律神経のバランスを整えることで美を手に入れる。

リポーズプラス
・どんな美容液でもかなわない、睡眠美容で美を手に入れる。

ガードプラス
・血管のケアで身体の内側からキレイになり美しい肌を手に入れる。

チャームプラス
・幸福感を手にし、余分な脂肪を燃焼しキレイな身体を手に入れる。



脳の健康が身体と心の健康を守るブレインフードとは?②

ブレインフードの役割をするメディカルフードを取り扱っているショップはこちらです。↓





ブログを見つけてもらえた事

ちょっとドキドキ、嬉しい気持ちです。

訪問ありがとうございます。

IMGP1371_20161119002223d1a_20161119002418866.jpg

ブログ記事まとめ

人生を豊かにする考え方*オプティマルヘルス
自分や子供、人の可能性を
最大限に伸ばしていける条件


フランス大企業を脱サラし
日本の南の島に引っ越して農業を始めた理由


農業を成功させ、描く夢と未来


お金に好かれる話


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▽▼▽

おすすめ記事
人生の幸福度の50%は
遺伝子で決められるけど
自分の力で幸せを掴むことは
すごーーくシンプル


エピジェネティクス*
受け継いだ遺伝子を眠らせたり
目覚めさせたり出来る事が
研究でわかっています。


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

人生観が変わる
心とカラダに優しい生き方のヒント集


ヒントになる記事を最初から読む




心とカラダに優しい生活*取り入れている事


改善された心とカラダの不調一覧


スポンサーサイト

脳の健康が身体と心の健康を守るブレインフードとは?②

があるから
今の私がいる
子供の成長を見守れる
大切な人に思いを伝えられる



自分の身体が私を生かしてくれてる事を強く感じます



どんな望みも、”その望みを叶えてくれる身体”がなければならない。

オプティマルヘルスな人生を送りたいです。


IMGP9584.jpg

ブレインフードの役割を持つメディカルフード


わたしが取り入れている

身体が持つ力を最大に引き出す
”自然なもので身体を整える健康法”
です。



メディカルフードは、病院専門雑誌で取り上げられたりするくらい注目が集まっています。

剛力彩芽さんや渡辺麻友さんなどが表紙の回に載っていました♡


でも実際は、まだまだ認知度が低くて

私の周りでもメディカルフードを知ってる人はとても少なく感じます。


だからこそ

メディカルフードがどんなものなのか発信できたらなと思います。




私が愛用している

オプティライフショップの取り扱うメディカルフードは

自分の身体を信じて
身体の機能を高め、健康になり、健康を維持し
自分の身体の力を最大限に引き出す。


私の想いを素晴らしい技術でサポートしてくれるアイテムです。




身体のメンテナンスのために実践している事はたくさんあるけれど

身体に摂り入れている商品は

アメリカ・日本で特許を取得している確かな品質のメディカルフードのみです。



それくらいメディカルフードは

摂り入れてみて身体と心の変化を感じるし
その技術の素晴らしさを実感しています。




私の愛用しているメディカルフードは

脳の機能を正常化するサポートをするので

脳からの指令が正常化すると身体のいろんな不調が一気に整ってきたりします。


オプティライフショップの商品にメディカルフードは4種類あります。

バイタルプラス
リポーズプラス
ガードプラス
チャームプラス

この4つのメディカルフードは

それぞれ働きかける脳の部分が違っています。

4つがそれぞれ違う役割を持ちサポートをしてくれるのです。


自分が今どのメディカルフードを必要としているかは、なんとなくわかるようになってきました。

ブログでで、それぞれのメディカルフードの強みを発信していけたらいいなと思います。




メディカルフードを13項目で説明してみました。

*新しい分野(医療品でもサプリメントでもない
メディカルフードは、オーファンドラッグ法(米国)によって位置づけられた医療品と健康補助食品の間に位置する分野です。


食品でありながら医療レベルの働きをする新しい分野の食品です。

食品なので安心。

だけれど、医療レベルで身体を整えてくれるなんてすごいですよね。


*100%天然成分
100%天然成分でできた食品です。
 
化学成分を使っていないのでとても安心。そして高レベルな品質です。

子供から、妊婦さん、大人まで安心して摂れます。


*医師の勧める処方食品
アメリカにおいて、メディカルフードの効果が科学的に証明され世界16万人以上の医師が勧める処方食品です。


*処方箋
メディカルフードはアメリカでは医師が取り扱う処方箋として扱われ、基本的に一般では手に入れることはできません。
 しかしながら現在日本では、一部のメディカルフードが「食品」として扱われることを認められています。


*副作用なし
高度な技術で精密に計算されたメディカルフードですが、100%天然成分でできているので食べ物を食べているのと同じです。
 
よって副作用はありません。


*薬との併用
メディカルフードは食品ですので薬と併用することができます。

 薬を飲んでいる方でもメディカルフードを摂る事により薬の副作用を減らしたり薬の量を減らす事につながります。



*薬を減らす
今まで薬を飲んで対処していた症状を、メディカルフードを摂る事により本来の身体の機能を引き出し症状を根本から癒す事ができます。
 
よって薬を飲まなくても不調や病気から回復でき、薬を摂取する量や回数を減らす事を期待できます



*特許取得
日本発のメディカルフードを扱うネットショップ「オプティライフショップ」のメディカルフードは、食品の栄養素を用いて人間本来の力を取り戻すよう働きかけます。
 
その最新技術はアメリカ及び日本国の特許を取得しています。



*最先端技術
食品の栄養素を用いて脳内神経伝達物質を生産する最新技術によって、多くの不調の原因となる自律神経や免疫システムのバランスを高度な技術で整え人間の本来持っている力を発揮させ健康を取り戻し維持します。


メディカルフードで身体を整えるためには、食品の力で癒すので時間がかかります。まずは、最低でも身体の細胞が入れ替わる3・4ヶ月くらいを目安に摂り続けた上で、自分の身体の変化を感じてみることがオススメです。


1・2ヶ月で止めてしまって効果を感じることができない場合、とってももったいないです。

でも1度身体をきちんと整えるところまで持っていければ、もう機能が整ったのだから毎日撮り続ける必要がないんです。


ちょっと身体が弱ってるな~って感じる時に摂るようにすればメンテナンスになり、いい身体の状態を維持できます。



*自律神経・免疫システムのバランスを整える技術
自律神経・免疫システムのバランスを調整する事のできる薬やサプリメントはありません。

オプティライフショップの取り扱うメディカルフードはそれを実現しました。



*心の安定
メディカルフードを摂取する事で、身体のバランスが整い感情への指令も正常に働くようになり心の安定につながります。
 心と身体の関係は深く、両方のバランスが取れている状態のみ健康と言えるのです。


マタニティーブルー・産後鬱なども自律神経のバランスの崩れからくるので、お母さんの性格のせいではないのです。身体のバランスが整っていればマタニティーブルーも産後鬱も軽かったりなかったりします。

私は、マタニティーブルーも産後鬱もありませんでした。メディカルフードのサポートに助けられました。



*有害物質と不安
有害物質を解毒・排泄を行っている器官は自律神経の指令により働いています。
その自律神経の働きを整えると人間の身体にある解毒器官が本来の働きを取り戻します。


よってメディカルフードは人間が本来持っている有害物質を排出する力に働きかける事になります。

現代社会にあふれ、避けては通れない様々な有害物質への不安を取り除く事につながります。



妊婦だったり、小さい子供がいると有害物質は怖いですよね。

私は、あえて有害物質の入ってそうなものは取らないように・取らせないようにしていますが、有害物質を取り入れてもまったく不安にはなりません。

身体の機能は整っていればちゃんと解毒・排泄してくれるので大丈夫です。

有害物質を怖がってしまうと、現代社会で生きていくのは辛いなって思うのです。

不安なく、楽しく生きれることが健康を導くことにもなるので、有害物質はさっと諦めてメディカルフードのサポートでケアしています。



*病院用情報誌掲載
東京を中心に関東地方計593の病院に設置されている情報誌「TVホスピタル」でメディカルフードの記事が掲載されました。

 創刊から7年、月に15万部の発行をしている実績のある情報誌です。




脳の健康が身体と心の健康を守るブレインフードとは?①


メディカルフードを取り扱うショップはこちらです。↓






ブログを見つけてもらえた事

ちょっとドキドキしながらも、嬉しい気持ちでいっぱいです。

訪問ありがとうございます。

IMGP1371_20161119002223d1a_20161119002418866.jpg

ブログ記事まとめ

人生を豊かにする考え方*オプティマルヘルス
自分や子供、人の可能性を最大限に伸ばしていける条件


フランス大企業を脱サラし
日本の南の島に引っ越して農業を始めた理由


農業を成功させ、描く夢と未来


お金に好かれる話


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▽▼▽

おすすめ記事
人生の幸福度の50%は遺伝子で決められるけど
自分の力で幸せを掴むことはすごーーくシンプル


エピジェネティクス*
受け継いだ遺伝子を眠らせたり
目覚めさせたり出来る事が研究でわかっています。


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

人生観が変わる
心とカラダに優しい生き方のヒント集


ヒントになる記事を最初から読む



心とカラダに優しい生活*取り入れている事


改善された心とカラダの不調一覧